• HOME
  • 洗浄液について

洗浄液について

水系洗浄剤 非水系洗浄剤 準水系洗浄剤

アルカリ洗浄剤

中性洗浄剤

酸性洗浄剤

★US-CLEAN

可燃性洗浄剤

  • 炭化水素系
  • アルコール系(低級)

不燃性洗浄剤

  • フッ素系
  • 塩素系
  • 臭素系
  • アルコール系(高級)

非可燃物型

  • グリコールエーテル型
  • 水溶性溶剤型
  • その他の溶剤型

可燃物型

  • テルペン型
  • 石油系溶剤型

水系洗浄剤

●アルカリ洗浄剤(pH8.6~14)

特長・利点
  • 脱脂力大
  • 種類も多く水系洗浄剤の主力を占めている
  • 安価である
  • 粒子汚れの除去性がよい
欠点
  • 金属を腐食しやすい
  • 使用上注意を要する

※参考:エリーズのアルカリシリーズはケイ酸ソーダを使用しているので比較的安全

用途
  • 汚れの成分・・・切削油、圧延油、加工油、研磨粉、切削粉
  • 洗浄対象物・・・鋼板、伸線、金属部品、ガラス

●中性洗浄剤(pH5.8~8.6未満)

特長・利点
  • 非鉄金属の洗浄に適する
  • 水系洗浄剤として最も広く利用されている
  • 油性汚れに適している
  • 金属を腐食しにくい
  • 安全で取扱いが容易
欠点
  • 脱脂力やや弱い
用途
  • 汚れの成分…加工油、切削油、ピッチ、ワックス、液晶
  • 洗浄対象物…精密部品、アルミ部品、光学レンズ、液晶パネル

●酸性洗浄剤(pH1~5.8未満)

特長・利点
  • 金属表面の錆、スケール等に洗浄に適する
  • 特殊な汚れを除去できる
欠点
  • 金属を腐食する
  • 使用上注意を要する
用途
  • 汚れの成分…錆、スケール
  • 洗浄対象物…配管、熱交換器

★US-CLEAN [SND製] 弱アルカリ性洗浄剤(pH9.5:1%液)

特長・利点
  • US型超音波洗浄機専用に開発したもので、超音波の威力が増大するよう特に工夫してあります
  • 主成分は食品添加物で構成されているため、安全性が高い
欠点
  • 脱脂力弱い
用途
  • 汚れの成分…有機的な汚れ、血液、脂肪、たん白質等
  • 洗浄対象物…金属、ガラス品、プラスチック品等、インスツルメント、食品工場等の器具
備考
  • 通常希釈して使用/すすぎ、乾燥工程の検討要
  • 洗浄液の管理/排水処理/
選定のポイント

汚れの成分は何か/被洗物である材質の腐食性は
洗浄方法(機器)は何を使用するか

金属の腐食限界pH
  pH限界値
ステンレス アルカリに安定
鋼、炭素鋼 アルカリに安定
ケイ素鉄 13
12
真鍮 11.5
スズ 11.5
アルミニウム 10
亜鉛 10

超音波洗浄機ラインナップ

理美容用
医療用洗浄機
水系洗浄液
防錆剤